ターニケット(止血帯)&血液媒介病原体コース

出血対応ファーストエイド講習 -BLS横浜オリジナル-

参加申し込みフォーム

2019年 2月1日(金)
締め切りました

会場:かながわ県民センター

(横浜駅 徒歩5分)


止血帯(ターニケット)使用法を含めた外傷による出血対応に特化した応急処置を学ぶ2時間半のオリジナル・プログラムです。

出血によって命を落とすメカニズムを理解し、応急処置の基本となる直接圧迫法止血に加え、軍用ターニケットを用いた止血帯による緊縛止血法の練習をします。

BLS横浜のこだわりとして、出血多量による循環血液量減少性ショックへのファーストエイドと、米国連邦労働安全衛生局OSHAスタンダードに基づく血液媒介病原体への理解、つまり血液感染対策についても、しっかりと時間をかけてお伝えします。


詳細は、ターニケット(止血帯)&血液媒介病原体講習解説ページ をご覧ください。


※同日の午前中より、救命のプロのためのBLSプロバイダーコースプレホスピタル(病院前救護)バージョン として開催します。心停止対応をプロレベルで学びたい方はこちらへのご参加も検討ください。


止血帯ターニケット使用法と血液感染、ショックファーストエイド講習byBLS横浜


予定内容:ターニケット(止血帯)&血液媒介病原体 講習

  1. 人が生きるしくみと命を落とす機序
  2. 出血の病態生理
  3. 直接圧迫法
  4. 血液を介して感染する病気とその対策(血液媒介病原体対策)
  5. 止血帯(ターニケット)使用法
  6. 循環血液量減少性(出血性)ショックの病態生理と、そのファーストエイド

※血液媒介病原体に関しては、米国労働安全衛生局OSHAスタンダードの内容を網羅しますが、資格証の発行はございません。

※止血法とショック対応については、BLS横浜の ハートセイバー・ファーストエイドG2015 を受講された方には既習内容となります。




● コース名: ターニケット(止血帯)&血液媒介病原体【詳細
● 開催日: 2019年2月1日(水)
● 時 間: 18:00〜20:30(10分前受付開始)
● 場 所: かながわ県民センター
〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2
「横浜駅」西口・きた西口を出て、徒歩5分 【地図
● 受講料: 2,500円 (事前の銀行振込をお願いしています)
● 対 象: ファーストエイド指導員ならびにそれに準ずる方
● 主 催: BLS横浜


  • 資格/修了証等の発行はございません
  • 血液凝固異常がある方や、皮膚の脆弱性に懸念がある方は事前にお知らせください。

下記の必要事項に記入し、[送信]ボタンをクリックしてください。

折り返し内容確認のメールが自動送信されます。

確認メールが届かない場合は、メールアドレス記入ミスか、
迷惑メールフォルダへ入っている可能性がありますので、ご確認ください。

申し込み多数の場合は受講動機・バックグラウンドを加味し選考とさせていただきます。

受講が決定した方には、あらためてご連絡を致します。


お問い合わせ: BLS横浜

お名前(漢字)  
(姓 | 名)
ふりがな  
(半角英数字 例:よこはま たろう)
郵便番号  半角でハイフン(-)付きで入力ください
ご住所
携帯電話番号
(半角英数)
メールアドレス
(半角英数)

※ 原則として携帯メールは不可です。携帯アドレスを使用する場合は、必ずパソコンからのメールを受信できる設定にしておいてください。また当会からのメール連絡は深夜にさせてもらうことが多い点、ご了承ください

メールアドレス
(再度入力:確認用)
ご職業

ご職業、医療資格等
受講歴
なし
BLSプロバイダー
PEARSプロバイダー
BLSインストラクター
MFA
ウィルダネスファーストエイド
防災士
TACMEDA講習
救急法救急員
消防上級救命講習
救急法指導員(日赤)
応急手当普及員/指導員(消防)
消防団員
その他救命法指導員
その他止血帯講習
自由記載欄
 −受講動機等





申込みキャンセルについて: 開講決定通知後、銀行振り込みによる受講料の事前入金をお願いしています。開催日2週間前を過ぎてからのキャンセルには所定のキャンセル料が発生しますのでご注意ください。返金に際しましては手数料を差し引いた額の返金となります。



お問い合わせHOME