PEARS®(ペアーズ)プロバイダー with シミュレーション

AHAガイドライン2015
Pediatric Emergency Assessment, Recognition, and Stabilization Provider
小児急変対応 評価認識安定化プログラム




PEARS®プロバイダーコース 講習開催予定

開催日
場所
時間
募集状況
10月29日(月)
桜木町駅 徒歩4分
9:45-19:45
締め切り
11月3日(土)
岡山県岡山市内
9:45-19:45
受講者募集中
11月8日(木)
沖縄県石垣島
(EMR財団主催)
9:45〜19:45
締め切り
※ EMR財団 webより
11月21日(水)
横浜駅 徒歩5分
9:45-19:45
受講者募集中
12月7日(金)
横浜駅 徒歩5分
9:45-19:45
受講者募集中

 ※ 主催はEMR財団ですが、BLS横浜のインストラクターがコースディレクターを務めます



AHA-PEARSプロバイダーカード(ペアーズ)|ナースのための小児急変対応アセスメント研修プログラム。蘇生ガイドライン2015準拠

アメリカ心臓協会(AHA)が、BLS/ACLS/PALSに次いで満を持してリリースした、最新の救急対応プログラムがPEARS® ペアーズです。

BLSやACLSが主に心停止後の対応を学ぶのに対して、PEARS®では心停止に至る危険な徴候を見極め、心臓が停まる前の早期介入を目指す新しいコンセプトの急変対応(心停止予防)研修プログラムといえます。



特に子どもは心肺停止状態に陥ってしまうと予後がたいへん悪いため、呼吸不全、循環不全の前駆兆候に気付き、その重症度を判断して、その場で適切な介入(安定化)をし、専門医に引き継ぐすばやい対応が救命の要となります。

ペアーズ・プロバイダーコースの特徴は、生命危機状態にある実際の患児の動画を見て、観察・評価の訓練を行うところにあります。

意識状態や表情、呼吸様式、皮膚色から、正常/異常を瞬時に評価する迅速評価(第一印象)。次いでバイタルサインを含めた A-B-C-D-E アプローチで問題点を探る一次評価アセスメント。それを実際の患者映像を見ながら、観察・アセスメントの訓練を繰り返します。


心停止は突然に起きるのではない

ACLSプロバイダーマニュアルやBLSプロバイダーコース内でも示されている通り、病院内で起きる成人の心停止の多くは、突然の心室細動ではなく、防ぎ得たものであると言われています。そして一度心停止に陥った人を救命できるのは2割以下(成人の場合)に過ぎません。そこで、病院内の患者安全を考える上で、「BLS教育からでいいのか?」という文化的な大きな転換点に差し掛かっています。


成人患者にも使えるPEARS®の観察・アセスメントの視点

PEARS®コース中、映像症例で示されるのは小児(患児)ですが、アセスメント手法は成人患者を含め、すべての患者/傷病者に使える普遍的なテクニックです。特に問診という手法が使えない乳児・小児をベースに観察と認知力をトレーニングすることで、より深くフィジカル・アセスメントスキルが鍛えられます。これは会話からは情報が取りにくい高齢者の身体評価にも有用です。



小児急変アセスメント研修AHA-Sim-PEARS ペアース・プロバイダーコース(With シミュレーション)の器材:ピアーズ


PEARS®プロバイダーwithシミュレーション コースの内容

  • 蘇生科学と小児心停止と救命のメカニズム
  • 体系的な評価・アセスメント手順
  • 呼吸障害の認識と判定、介入(上気道閉塞、下気道閉塞、肺組織病変、呼吸調整機能障害)
  • ショックの認識と判定、介入(循環血液量減少性、血液分布異常性)
  • 呼吸停止、徐脈への対応
  • 心停止対応(BLS+AED)
  • チーム蘇生の概念(Rapid Response Teamとの連携)
  • シミュレーション・トレーニング

注)トレーニングセンターによってはシミュレーション訓練を省略する場合もあるようですが、BLS横浜ではシミュレーション・トレーニングに力点をおいたPEARS®コースを開催しています。


などを含みます。

小児に起こりがちな呼吸系トラブル、ショックを中心とした緊急事態がメインテーマですが、傷病者評価の考え方や手法は小児に限らず、成人を含めた看護全般の患者アセスメントにとても有用です。

「なにかおかしい」という直観的な「気づき」を、どう発展させていくか、という「ベテラン看護師」が経験的に自然と行っている観察・思考パターンを新人ナースに短期間で合理的に身に付けてもらえる内容です。


受講対象

「小児救急を専門とする医師」以外の医療従事者、主に看護師で、かつAHA BLSプロバイダーコース相当の小児のCPR+AED、乳児のCPRができる方




テキスト

AHA-PEARS(ペアーズ)プロバイダーマニュアル:ピアーズ受講に際し、テキストは書店にてあらかじめご購入いただき、事前の予習をお願いしています。

PEARSプロバイダーマニュアル
AHAガイドライン2015 準拠

シナジー社刊 10,260円

テキストのiiページに、PEARS受講者用ウェブサイトのURLとアクセスコードが載っています。このサイトで、BLSや体系的アプローチなどの講習動画の一部が事前にご覧いただけます。

その他、BLS横浜では、講習時間を充実した学びの場となるように、メールベースで独自の事前学習のサポートを行っていきます。予習のポイントにつきましては、BLS横浜ブログ内の 「PEARS®プロバイダーコース受講に必要な小児BLSの基礎知識・技術」もご参照ください。



所要時間

PEARS®プロバイダーコースの所要時間は約8時間です。休憩時間等を含めますと、開始から終了までは10時間程度となります。

BLS横浜では、シミュレーション訓練を省略せずに行っていますので、他団体の講習より時間は長めとなっています。



試験

AHA PEARS® Providerカードを発行するためには、次の3つのテストに合格する必要があります。

 ・小児の一人法CPRならびにAED操作を含めた二人法CPR
 ・乳児の一人法ならびに二人法CPR
 ・ビデオベースのPEARS®筆記試験



事前学習・準備

PEARS®プロバイダーコースで扱う内容は、看護/医療系学生のうちの初期に学ぶ解剖生理学の基礎とバイタルサイン評価を現場目線で捉え直すだけで、決して高度な知識や理解が求められるわけではありません。

しかし、限られた講習時間を有意義なものとするためには、前提知識として、人が生きるしくみと命を落とすしくみを再確認いただくことが望ましいと考えています。

そこで、BLS横浜では、受講が決まった方には、メールによる事前学習のサポートを行っています。

また、BLS横浜ブログの中でもPEARS®領域の学習のヒントを相当数載せていますので、こちらもぜひご覧ください。→『BLS横浜ブログ PEARS®関連記事50編


お問い合わせHOME