人工呼吸の重要性 −ポケットマスク/バッグバルブマスク



人工呼吸は不要!?

昨今の心肺蘇生法講習では「人工呼吸はしなくてよい」という趣旨のことが言われることが増えてきているようです。

ひどいものになると、蘇生ガイドライン改定で人工呼吸は不要になった、という声を聞くこともあり、これは蘇生法指導員の言葉というよりは、受講者が曲解してそう受け取ったものと思いたいです。

人工呼吸を巡っては、正確ではない、という以上に、デマとも言うべき誤った知識が公然と流布しているように思えます。


CPRの目的は心筋細胞と脳細胞に酸素を届けること

CPR(心肺蘇生)の目的は、ミクロの視点でいえば、体の組織細胞に酸素を届けることに他なりません。

細胞の中でも、特に重要なのは脳と心臓の細胞です。これらの細胞は再生しない細胞と言われているからです。

胸骨圧迫で胸を押せば血流が生まれます。心臓突然死に代表される突発性の心室細動であれば、血液中に酸素が残っていますので、胸骨圧迫だけで血液中の酸素が脳細胞・心筋細胞に送られるため用をなします。

しかし、溺水や窒息で心停止に陥った場合を考えてみてください。息ができなくなり、血液中の酸素を使い果たした結果心停止になったわけですから、いくら胸骨圧迫で血流を生み出しても、そこに酸素が残っていなければCPRの目的は達成できません。

また、仮に突発的な心室細動であったとしても、発見が遅かった場合や、10分、20分と長く胸骨圧迫を続けている場合は、血液中の酸素が枯渇している可能性が大です。となれば、当然、酸素を体内に取り込む動作、つまり人工呼吸が必要になってくるのは、理解いただけると思います。


人工呼吸の省略は「やむを得ず」の結果

50年を越える心肺蘇生法の歴史の中で、人工呼吸をしなくて良い、と積極的に言い切られたことは1度もありません。

災害や救急対応の第一原則、「自分の身の安全を最優先」を考えた場合に、感染リスクなどの問題から人工呼吸実施の優先度が下がるというだけに過ぎません。

やらなくてもよい、という積極的な理由はないのです。

なんの備えもなく、責任もない立場であるバイスタンダーCPRでは、ダイレクトな口対口人工呼吸を求める必要はないでしょう。

しかし、緊急事態に備える立場である医療従者や学校教職員、スポーツインストラクターなどは、人工呼吸を含めたフルサイズの蘇生法の実施が期待されていることは昔から変わっていません。

非衛生的な状態であっても勇気を振り絞って Mouth to Mouth をしろと言っているわけではありません。然るべき人工呼吸用デバイス/感染防護具を備えて準備するように、ということです。

例えば、2016年には耳鼻科診療所での急変対応で人工呼吸を行わなかったことが焦点となった裁判があり、診療所には6100万円の賠償命令という判例が出ました。

→ 人工呼吸をしなかったことが過失と認定された裁判例

判決文を読むと、対応した看護師は人工呼吸はしなくてもよいという教育を受けたような言及もありましたが、そもそもこの診療所にはバッグマスクのような人工呼吸器具がなかったことが問題視されていることがわかります。


ポケットマスク/バッグバルブマスク(BVM)とは

ポケットマスク(フェイスマスク)/バッグバルブマスクは人工呼吸を安全で効率的に行なうための道具です。

多くの市民向け心肺蘇生講習では、口対口人工呼吸を基本とした指導を行なっていますが、家族への救命を除けば、口対口人工呼吸は現実的ではありません。

それは医療の世界では、スタンダードプリコーション(標準防護策)と言って、「汗以外の人間の体液はすべて感染源である」と考え方が主流となっているからです。

心肺蘇生の口対口人工呼吸で病気が感染したという報告はほとんどありませんが、他人の唾液に触れてまで人工呼吸をすることは医療従事者には求められていません。

そこで医療従事者をはじめとし、職業的に心肺蘇生をする可能性がある人は、医療器具としてきちんとした感染防護具、つまりポケットマスク(フェイスマスク)やバックバルブマスクと言った器具を使って人工呼吸をすることになっています。

ポケットマスク バッグバルブマスク(BVM/バッグマスク)
左:ポケットマスク(フェイスマスク)/右:バッグマスク


医療現場で標準の人工呼吸法 バッグバルブマスク

乳児のバッグバルブマスク(BVM)人工呼吸法練習バッグバルブマスク(バッグマスク)は、ふいごと同じ仕組みで傷病者の口と鼻に空気を送り込む人工呼吸器具です。商標が一般名詞化して、アンビューバッグと呼ばれることもあります。救助者の呼気を吹き込むわけではないので、仮に嘔吐があったとしても安全です。

救急隊や病院で行なわれる人工呼吸は基本的にこのようなバッグバルブマスクを使って行なわれています。

BLS横浜が提供するプログラムの中では、プロフェッショナル向けの一次救命処置コースである AHA-BLSプロバイダー 以上のコースでバックマスク換気の練習を行なっています。


気軽に携帯できるポケットマスク

ポケットマスクを使った人工呼吸法トレーニングバッグバルブマスクは、救助者の身の安全という意味ではほぼ完璧な道具ですが、扱いには習熟を要するのと、やはり大きくかさばるという点から、突発的な緊急事態に備えて携行するにはややオーバーです。

そこで安全かつコンパクトに使えるのが ポケットマスク です。これは傷病者の鼻と口を覆うフェイスマスクと、吹き込み口(マウスピース)からなっていて、傷病者からの呼気や嘔吐物が逆流しないように一方向弁やフィルターが付いています。

折り畳むとコンパクトに収納でき、専用のポーチにはベルト通しが付いていて携帯が可能です。プール監視員やライフセイバーなどは常に携帯しておきたいものです。

ポケットマスクは、町中に配備されたAEDと一緒に用意されている場合もあります。


羽田空港のAEDと一緒に配備されていたポケットマスク
▲羽田空港で見つけたポケットマスク

ポケットマスクを使った「口対マスク人工呼吸」は、口対口人工呼吸法より簡便かつ有効に行えます。しかしその取り扱いにはコツがありますので、きちんとした訓練を受けることをおすすめします。

BLS横浜が開催するコースの中では、AHAハートセイバーCPR AEDコースBLSプロバイダーコース で、ポケットマスクの練習をしますし、エピペン&小児BLS講習 のような職業人向け講習でも、ポケットマスク人工呼吸を標準としています。

小児用ポケットマスク

↑小児専用の小さなポケットマスクもあります



※ポケットマスクとは厳密にはレールダル社の商品名ですが、救急蘇生用フェースマスクを総称してしばしばポケットマスクと呼ぶことがあります。なおアメリカ心臓協会AHAは特定メーカーのフェイスマスクを推奨してはいません。


もっとコンパクトな、透明ビニールシートでできたフェイスシールドもありますが、これらは医療機器ではなく雑貨扱いのもので、吐瀉物などをブロックする効果は検証されていません。直接口を付けることへの心理的抵抗を減らす目的と考えたほうがよいでしょう。



BLS横浜の講習で使用するポケットマスク

BLS横浜では、ハートセイバーCPR AEDコース、BLSプロバイダーコース、PEARS/ACLSプロバイダーコースで使用するポケットマスクは、洗浄・消毒済み(セミクリティカル)のものをお貸ししています。

受講の皆様に購入準備を頂く必要はありません。

個人用のものを使用したい場合は、ご希望により新品を小分けすることが可能です。

レールダル社製の「ポケットマスク」(成人用/小児用)で、ソフトケースのカラーは成人用はJSISH-ITCオリジナルのブラック、小児用は赤/黒カラーリングとなります。頒布価格はそれぞれ2,500円です。 → 在庫切れです

JSISH-ITCオリジナルポケットマスク(ブラック)

ポケットマスク ポケットマスク(コンパクトに収納できるベルト通し付きポーチ)

↑成人用ポケットマスク
コンパクトに折り畳めて収納ケースポーチ付

小児用ポケットマスク

↑小児用ポケットマスク

必要な方は、必ず講習前日までにご連絡ください。(在庫切れの場合はご容赦ください)

※ポケットマスクにつきましては、成人用も小児用もともに在庫切れとなっています。


お問い合わせHOME