福岡|エピペン®&小児BLS講習

参加申し込みフォーム


2019年 12月26日(木)
13:00〜16:00

受講者募集中

会場:クローバープラザ

(博多駅からJRで15分 春日駅より徒歩1分)


エピペン子ども救命法研修in福岡


命に関わる重症アレルギー反応に使用するアドレナリン自己注射器、エピペン®の取り扱いと、子どもの救命処置(心肺蘇生法)を併せて学ぶ「BLS横浜」オリジナルのセミナーです。

エピペン講習&子どもの心肺蘇生法を九州福岡で受講できます


エピペン®が必要なときは心停止の一歩手前

幼稚園、保育園、小学校の教職員、保育士に必要な子どもの救命スキルは、心肺蘇生法だけではありません。アナフィラキシー・ショックに対するエピペン®(アドレナリン自己注射器)の取り扱いも必須な時代となりました。

学校教職員等が、エピペン®研修を受ける機会は増えていますが、心肺蘇生法(救命処置)と組み合わせた研修はほとんど行われていないのが実情です。

エピペン®注射が必要な状況は、心肺停止の一歩手前の 生命危機状態 です。注射をすればすべて解決という生易しい状況ではありません。

救急隊に引き継ぐまで、状態変化の観察を続け、最悪の場合は、速やかに心肺蘇生法に移行する心構えが必要です。

エピペン®注射の仕方だけではなく

本セミナーでは、エピペン®の取り扱い法だけではなく、小児救急の観察の視点、また子どもの心肺蘇生法(人工呼吸、胸骨圧迫、AED)までを一貫した流れとして扱い、シミュレーションで理解と実行性を高めるプログラムです。

エピペン®講習、心肺蘇生法講習単体での視点とは別に、ファーストエイドとして子どもの緊急事態を捉え、対処する考え方を身に着けます。

子どものマネキンを使った心肺蘇生法とポケットマスクを使った人工呼吸|九州福岡エピペン講習&子ども救命法


子どもの呼吸トラブルを想定した小児蘇生法PBLS

日本のJRC蘇生ガイドラインでは、学校教職員や子どもの保護者には、市民向け一般蘇生講習ではなく、小児一次救命処置(PBLS)の習得が推奨されています。

本講習では、小児マネキンを用いて、人工呼吸の重要性にフォーカスした救命法を習得します。併せて保育園や幼稚園、小学校などの施設内での職員連携、チームワーク(ノンテクニカルスキル)についてもシミュレーションを通して考えます。



※同日の夕方から、出血による緊急事態とショックに関するセミナー 「ターニケット(止血帯)&血液感染対策講習」 を開催します。両方に参加される方には、受講料減額の他、両セミナー合間の 16:30-17:30 に、モニター心電図もしくは救命法指導法に関するミニセミナー(参加は任意)を無償提供します。


予定内容

1.アレルギー反応の仕組みとアドレナリンの作用機序
2.エピペン®注射の実際(自分に打つ、人に打つ、子どもに打つ、場合)
3.エピペン®注射に関わるノンテクニカル・スキル
4.注射後の観察・評価
5.小児一次救命処置(PBLS)・・・1歳〜思春期までの子どもの蘇生法とAED
6.人工呼吸法・・・ポケットマスク(バッグバルブマスク)
7.心肺蘇生法における連携


 ※内容は変更される場合があります



本セミナーは、製薬会社や、エピペン®処方医による正式な講習ではありません。心肺蘇生法パートも含めて修了証等の発行はありませんのでご了承ください。

BLS横浜のエピペン講習に関する取り組みは下記ブログ記事をご参照ください。


エピペン®講習のあり方、現場に必要なこと
保育園に出向いてエピペン®を教えるということ
保育園でのエピペン®研修の実際
養護教諭・保育所ナースのための小児BLS&エピペン®講習



● コース名: エピペン®&小児BLS講習
● 内 容: エピペン®注射の仕方、人に打つ場合の注意点、注射後の観察、救急隊員への引き継ぎ、職員の連携、子どもの心肺蘇生法、ポケットマスク換気、他。内容の詳細
● 開催日: 2019年12月26日(木)
● 時 間: 13:00〜16:00(15分前受付開始)
● 対 象: 保育園、幼稚園、学校関係者等、子どもの保護者等アナフィラキシー・ショック対応と子どもの蘇生法を学ぶ必要のある方
● 場 所: クローバープラザ
福岡県春日市原町3丁目1-7
JR鹿児島本線 春日駅、徒歩1分 【地図
● 受講料: 4,000円(税抜)
● 主 催: BLS横浜


  • 本講習は、エピペン®製造元やエピペン®処方医による公式な講習ではありません。修了証等の発行はございません。
  • 開催決定後、受講料の銀行振込をお願いしています。

下記の必要事項に記入し、[送信]ボタンをクリックしてください。

折り返し内容確認のメールが自動送信されます。

確認メールが届かない場合は、メールアドレス記入ミスか、
迷惑メールフォルダへ入っている可能性がありますので、ご確認ください。

申し込み多数の場合は受講動機バックグラウンドを加味し選考とさせていただきます。

受講が決定した方には、あらためてご連絡を致します。


お問い合わせ: BLS横浜

お名前(漢字)  
(姓 | 名)
ふりがな  
郵便番号  半角でハイフン(-)付きで入力ください
ご住所
携帯電話番号
(半角英数)
メールアドレス
(半角英数)

※ 原則として携帯メールは不可です。携帯アドレスを使用する場合は、必ずパソコンからのメールを受信できる設定にしておいてください。また当会からのメール連絡は深夜にさせてもらうことが多い点、ご了承ください

メールアドレス
(再度入力:確認用)
職種

医療資格名、ご職業等
資格等

養護教諭免許、看護師免許、栄養士免許、等
受講歴
なし
消防の普通・上級救命講習
日赤の救急法基礎講習
日赤の救急法救急員
MFA
Hertsaver First Aid
Hertsaver AED
Family & Friends CPR
Family & Friends 子どもファーストエイド
Healthcare Provider
AHA BLS Instructor
日赤指導員
応急手当普及員
応急手当指導員
その他(自由記載欄に内容を記入ください)
自由記載欄
 −受講動機等



   

申込みキャンセルについて: 最少催行人数に達し、開講決定のご連絡後10日以内に銀行振り込みによる受講料の事前入金をお願いしています。以後、キャンセルに際しましては手数料(1,000円)を差し引いた額の返金となります。また開催2週間前を過ぎてからのキャンセルには 所定のキャンセル料 が発生しますのでご注意ください。




お問い合わせHOME