BLSプロバイダー【更新】コース

Challenge Option
参加申し込みフォーム


10月30日(火)
参加者募集中

会場:かながわ県民センター

(横浜駅より徒歩5分)

本コースは「更新のため」の特別コースです。有効期限内のAHA-BLSプロバイダーカードをお持ちの方のみご参加いただけます。(前回受講の場所やトレーニングセンターは不問です)


BLSプロバイダーマニュアルG2015BLSプロバイダー資格更新希望の方のための特別なプログラムです。

参加日現在で、有効期限内のBLSプロバイダーカードをお持ちの方に限り、実技試験と筆記試験に合格することで、所要1時間半ほどで新たなプロバイダーカードを取得することができます。

下記の通り、厳しい条件が課されていますが、日頃、BLSを実践している方であれば、短時間かつリーズナブルに、BLSプロバイダー資格の維持・更新が可能です。

参加条件

参加日現在で、有効期限内のAHA-BLSプロバイダーカードを所持しており、提示できること。BLS横浜が発行したカード以外でも構いません。(新規カードは一律、日本医療教授システム学会AHA国際トレーニングセンターから発行されます)

Challenge Option のカード発行条件

BLSインストラクターマニュアルに記載された Challenge Option 規定に基づき実施されます。

  1. DVD視聴や、インストラクターによるレクチャーや技術指導はありません
  2. 実技試験、筆記試験のみを受けていただきます
  3. 実技試験前の自主的な練習は可能です(30分程度の時間を確保しています)
  4. 試験を受けるチャンスは1回のみです
  5. 実技試験、筆記試験のいずれかが不合格となった時点で終了となります。その場合、カードは発行されず、返金もできません
  6. 不合格となった場合は、別途正規受講料での新規コース参加をご案内させていただきます

※プロバイダーカードは、約3週間後に郵送でお届けします。
※カードは更新コース参加日の日付で、日本医療教授システム学会AHA国際トレーニングセンターから発行されます。
※試験のチャンスは1回だけです。不合格となった場合、再試験はありません。返金もできませんのでご了承ください。


下記の必要事項に記入し、[送信]ボタンをクリックしてください。

折り返し内容確認のメールが自動送信されます。

確認メールが届かない場合は、メールアドレス記入ミスか、
迷惑メールフォルダへ入っている可能性がありますので、ご確認ください。

申し込み多数の場合は先着順とさせていただきます。

最少催行人数に達し、開催決定後、あらためて連絡させていただきます。

受講料の事前入金をもって正式な受付とさせていただいています。


お問い合わせ: BLS横浜

お名前(漢字)
姓名の間は全角スペースを入れてください
Name
(ローマ字)

(半角英字)
ここに記載通りに修了カードに印字されます

郵便番号
半角でハイフン(-)付きで入力ください
ご住所
携帯電話番号
(半角数字)
メールアドレス
(半角英数)

※ 原則として携帯メールは不可です。携帯メールを使用する場合は、必ずパソコンからのメールを受信できる設定にしておいてください。また当会からのメール連絡は深夜にさせてもらうことが多い点、ご了承ください

メールアドレス
(再度入力:確認用)
職種

医療資格名、ご職業等
勤務先・部署

○○病院・整形外科病棟、等
受講歴
BLS-HCP G2010
BLS-HCP G2015暫定
BLS G2015正式版
BLSインストラクター
ACLSプロバイダー
BLSカード発行日

お持ちのカード表面の記載を転記ください
発行トレーニングセンター

カード裏面のTC名を転記ください
自由記載欄



   

申込みキャンセルについて: 受付完了後、銀行振り込みによる受講料の事前入金をお願いしています。以後、キャンセル/返金に際しましては手数料を差し引いた額の返金となります。また開催2週間前を過ぎてからのキャンセルには所定のキャンセル料が発生しますのでご注意ください。